美白クリームで黒ずみはなくなる?乳首の黒ずみ解消法

乳首や乳輪の黒ずみに悩む方は多くいます。
ですが黒ずみはどうすれば消えるのか?一生黒ずんだまま?と
黒ずみについて不安に思う方はたくさんいます!!

ですが黒ずみを消す方法はたくさんあり、
最近では黒ずみ専用の美白クリームなどが販売されています。

なので今回は、黒ずみを消すためのクリーム(美白成分配合)が
どれほど黒ずみに効果的なのかをご紹介します。

美白成分配合クリームとは

美白成分が配合されたクリームは世の中にたくさんありますが
実際にどんな成分が含まれているのでしょうか?

美白効果のある成分
・ハイドロキノン
・ビタミンC
・アルブチン
・コウジ酸
・カモミラET
・マグノリグナン

など他にもたくさんあります。

この中でもビタミンCやハイドロキノンを耳にしたことがあるという方は多いのでは?
このように美白成分はたくさんあります。

こういった美白成分が配合されているクリームを
「美白成分配合クリーム」といいます。
最近ではネットなどでも美白成分配合クリームを購入でき、
その中でも代表的なクリームなのが「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンは皮膚科で処方されるほど美白効果のあるクリームです。

美白クリームで黒ずみは消えるのか

美白クリームは多くありますが実際に使って美白効果を得られた方は少ないです。
美白クリームと書いてあっても美白成分があまり入っていないと意味がなく、
肌に合う、合わないも関係してくるため効果を得られた方はあまりいないようです。

ですが先ほど紹介したハイドロキノンは高い美白効果が期待できます。

〜ハイドロキノンの効果〜
メラニンが生まれるには、メラニンの元となるものとメラニンを作る酸素が必要です。
ですがハイドロキノンを使うとメラニンをつくる酸素が消え、
メラニンが生まれないため黒ずみがどんどん薄くなり、
元通りの肌に戻すことが可能です。

こういったようにハイドロキノンの効果は高く、
諦めかけていた黒ずみも元通りになるのです!!

〜ハイドロキノンを使う上での注意点〜
ハイドロキノンは美白効果を得やすい成分ですがその分刺激は強いです。
そのため肌に合わないと感じた方はすぐに使用を中止しないと炎症を起こしたり、
取り返しのつかないことになります。
(心配な方は、皮膚科で処方してもらいましょう)

そしてハイドロキノンを塗って外出する際は
必ずその場所に日焼け止めを塗りましょう!
ハイドロキノンを塗ると肌の細胞を守る成分がなくなり
紫外線を直接受けることになります。

こういった注意点を守りながらハイドロキノンを使いましょう。

美白クリームの良い成分・悪い成分

美白クリームの成分には良い成分と悪い成分があります。
その中でも美白成分にはどのような効果があるのでしょうか?

〜メラニンを作るのを阻害する成分、メラニンを薄くする成分〜

・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体

〜メラニンを作るのを阻害する成分〜

・エラグ酸
・アルブチン
・カモミラET
・コウジ酸
・プラセンタエキス

美白成分にはこういった効果があります。
この中でも良い成分はビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどがあげられます。
悪い成分はありませんが刺激が強いのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンは美白効果がありますが注意が必要な成分でもあります!!

美白クリームは乳首や乳輪に塗っても平気?

美白クリームは乳首や乳輪に塗っても平気です。
ですが炎症を起こしてしまった場合は直ちに使用をやめましょう。

そして授乳中の方は使用しない方がいいでしょう。
授乳期間が終われば自然と黒ずみが消える方もいるので
1年ほど経っても消えないという方は美白クリームを使いましょう。

美白クリームには様々な美白成分が配合されています。
美白クリームを使う際は、成分を把握して自分に合ったクリームを使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です