なんで乳首は黒ずむの?乳首が黒ずむ3大原因

乳首や乳輪の黒ずみで悩んでいませんか?
乳首や乳輪の黒ずみの悩みを持っている方は、特に女性の方に多いようです。
黒ずみの原因は下着の摩擦や妊娠や出産後に起こりやすいとされているので
今回は摩擦や出産後の乳首や乳輪の黒ずみ原因や対策などをご紹介します。

黒ずみはメラニンが作る

乳首が黒ずむのは、メラニン色素が黒化しお肌の奥に沈着することが原因です。

メラニン色素は本来はお肌を守る役割を持つものですが、乳首には365日24時間刺激が与えられるために、常にメラニン色素が生成されてしまいます。

もともとメラニン色素をもつ乳首はメラニン色素が溜まりやすい部位の1つ。
そんな乳首に常にメラニン色素が生成されてしまったら、メラニン色素の量が多くなって黒ずむのも納得ですよね。

メラニン色素の溜まりやすい事。
過剰にメラニン色素が生成されてしまうことが乳首が黒ずんでしまう原因です。

乳首や乳輪が黒ずんでしまう具体的な原因

・下着の摩擦
・妊娠
・出産

こういった原因で乳首や乳輪が黒ずんでしまうことが多いようです。
特に下着は毎日つけるので摩擦で黒ずんでしまうことが多く、
若い頃から悩みを持つ方が多いです。
他にも妊娠や出産により黒ずみが目立つようになった!!など様々な原因があります。

下着の摩擦で発生する黒ずみ

下着の摩擦で黒ずんでしまう原因は、メラニン色素(皮膚を守る防衛物質)が原因です。
皮膚と下着が擦れることによって皮膚を守ろうとするメラニン色素が分泌され、
乳首や乳輪が黒ずんで見えてしまうことが原因となります。
これは色素沈着とも言われており、多くの女性が悩んでいます。

妊娠や出産で発生する黒ずみの原因

女性は妊娠をすると女性ホルモンが増えるため、
その影響で色素が増えて黒ずみになります。
他にも出産をして赤ちゃんに母乳をあげる際に
吸う力が強いと擦れて黒ずみの原因になることもあります。

乳首や乳輪の黒ずみは消えるのか

下着などによってできた黒ずみは治すまでに時間がかかりますが
妊娠や出産後の黒ずみは消えるケースが多いです。
出産後や卒乳後はホルモンバランスを整える期間(約1年程)があるため、
その期間に自然と黒ずみが消える方もいれば黒ずみが一生消えない方がいます。

乳首や乳輪の黒ずみを消す方法

下着などの摩擦によってできた黒ずみを消すには少し時間がかかります。
最近では、乳首や乳輪などの黒ずみを消す美容液などが販売されているので
自分に合った美容液などを探してみるのもいいと思います。
他には、トレチノインやハイドロキノンといった色素を剥ぎ取るクリームがあるので
確実に黒ずみを取りたい!薄くしたい!という方にはオススメです。

ですが自分で治すのは心配という方は、
皮膚科などの専門員に見てもらうといいでしょう。

黒ずみを作らないためには

下着の摩擦による黒ずみの対策は、自分に合ったサイズの下着を選ぶことが大事です。
サイズが合っていないと下着と擦れてしまい、黒ずみの原因に繋がってしまいます。

出産や妊娠後の黒ずみは、自然と元に戻るケースが多いですが出産後の1年間は
ホルモンバランスを整えることを大事に生活をしましょう!!
睡眠時間をしっかりとり、ストレスをためないようにするとホルモンバランスが整い、
ほとんどの方が乳首や乳輪の黒ずみが自然と元に戻っていきます。

乳首や乳輪の黒ずみは、摩擦や妊娠、出産によりできてしまいます。
ですが一生黒ずみが残るものではなく、
ホルモンバランスや生活習慣の見直し、美白クリームなどで
黒ずみの改善は可能なので悩んでいる方は一度試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です